« さくら てんこ盛り | トップページ | ブスだけど・・・ »

2012年4月19日 (木)

ごめんね

黒柴さんのさくらちゃん(さくらのテーマ)

黒柴さんのさくらちゃん

とってもかわいい子

黒柴さんのさくらちゃん

我が家の天使

黒柴さんのさくらちゃん

イタズラするけれど

黒柴さんのさくらちゃん

本当はいい子

黒柴さんのさくらちゃん

とってもかしこい子

黒柴さんのさくらちゃん

我が家の宝物

さくらが我が家へ来た時に作りました

ちゃんとオリジナルの曲があります

お散歩の時など歌いながら歩いたりしました

わたしにとってさくらはかけがえのない唯一無二の宝物です

それは今も決して過去形などではなく

たぶんこれからもずっとずっと現在進行形のままです

さやかを迎えに人吉まで行き 帰ってきた日・・・

さくらのお遺骨に「ただいま」と言った途端 涙が止まらなくなりました

さくらの遺影は笑顔ばかりで 今のわたしにはかえって辛いです

普段はクールなくせに意外とやきもち焼きだったさくらだから

さやかが我が家へ来て 本当はご機嫌斜めかもしれないのに

写真の笑顔を見ていたら

さくらがわたしたちのために我慢してくれているような気がします

わたしはいつもさくらのことをワガママな嬢ちゃんだと言っていたけど

わたしの母はいつもさくらは我慢強い良い子だと言っていました

今になって思い返すと 

さくらはわたしたちのためにたくさん我慢していたと感じます

ご飯の時間が遅れても 

散歩の時間がいい加減でも

突然のお出かけで振り回されても

文句も言わずじっと我慢してくれていました

今もまた 黙って我慢してくれているのかな?

もう我慢なんかしなくていいのに・・・

写真の笑顔が胸に痛いです

さやかはさくらとは全然違う子です

はじめて見た時 顔がよく似ていると思ったけれど

連れて帰ってみたらまるで違っていました

さくらは食が細くて心配ばかりさせられたけど

さやかは食い意地の塊のようで ご飯の時などはまるで餓鬼です

さくらは最初の夜から夜鳴きもせず大人しく眠りましたが

さやかは夜鳴きも激しく おまけに早朝からご飯の要求で喚き散らします

さくらはおしっこやうんちをしたらキュウキュウ鳴いて知らせてくれましたが

さやかはうんちを踏み荒らしてへっちゃらです

さくらはちょっと耳が大きいけどそれもまた可愛い子でしたが

さやかはDr.からも下顎が短すぎると指摘されて

将来が不安になるような出っ歯のブス顔です

おまけに最初から涙目で目薬のお世話になり

尻尾はなぜか先っちょが禿げています

さくらと比べると全てにおいて劣っているダメダメっ子です

そんなさやかが全身全霊を込めるように甘えてきます

わたしや夫に抱かれたがって縋ってきます

わたしの心の中の9割はさくらへの愛で占められていて

さやかの居場所はほんのわずかしかないことを知っているかのように

そのほんのわずかな場所を少しでも拡張しようとするかのように

膝によじ登り胸に縋り甘えます

仕方ないから ほんの少しの間だけ さくらへの想いを脇へ除けて

さやかを抱きしめ頬ずりしてやります

さくらとさやか 両方に「こんな母ちゃんでごめんね」って言いながら・・・

 

TOP絵を変えました

これはさやかを連れて帰る前に用意しておいたものです

でも今・・・

このままここを再開し、続けていく自信がありません

「ろばの耳」はさくらのために作ったブログではなかったけど

いつの間にかさくら一色に染まっていたから

今、さくらではない子のことを書き綴ることがためらわれます

さくらに会いたいです

さくらに会って さくらの気持ちを教えて欲しいです

お母ちゃんはどうすればいいの?って訊きたいです

|

« さくら てんこ盛り | トップページ | ブスだけど・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

新しい生活がはじまりますね
さくらちゃんは、きっと優しく見守って応援してくれていますよ。

投稿: みいこ | 2012年4月19日 (木) 21時33分

りんたろうが来る前、ロッキーと言う雑種を飼っていました。
大人しくって、甘えん坊で、人間が大好きだったワンコでした。
そして我慢強くって自己主張をせず、いつも可愛がってほしくって、ひたすら家族の愛を待ってる子でした。
でもその頃の私は子育てや仕事、家のことに追いまくられてロッキーの愛に十分に応えてあげる事ができなかった。
今から思えば、ずいぶんひどい飼い主だったんです。
ロッキーが死んだとき、私はすごく後悔をしました。私が死なせたんだとはっきり思いました。
私はロッキーが死んだときに「ごめんね」って言いいました。
そして、「こんなお母さんでもよかったら、また戻ってきてね。
次にどんな犬が来ても、ロッキーが戻ってきたと思って、いっぱいいっぱい愛してあげるからね」と約束しました。
りんたろうはロッキーとはぜんぜん違うタイプの犬です。
でも、私はロッキーにして上げられなかった分、りんたろうをいっぱい可愛がっています。
今でもロッキーには可哀想な事をしたと思うことがあります。
でもロッキーにどう思ってた?って聞こうとは思いません。
だって、きっとロッキーは「ボクは幸せだったよ。だからごめんねなんて言わないで、りんたろうをいっぱい愛してあげてね。」って言うと思うから。

さくらちゃんは元気に明るく笑ってるお母ちゃんが大好きだったよね。

さやかちゃん、新しいお母ちゃんとお父ちゃんにいっぱいいっぱい愛してもらってね!

なんか、自分の事長々と書いてごめんね。

投稿: カレン | 2012年4月19日 (木) 21時54分

新しい生活がはじまるのですね。
悩む気持ちもわかります。
我が家も先代犬が旅だってしまってから、悲しくて
寂しくて・・・
10年以上、2代目を迎えることができませんでした。
2代目も先代とはまったく違ったコを選んでしまいました。
(性別も毛色も出生も容姿の美しさも・・・)
でも、クールを可愛がれば、可愛がるほど
当時、小学生だった私が、一体どれだけのことが先代犬に
できたのか?冷静に考えれば、限界もわかるはずなのに
先代犬を幸せにしただろうか?
私は良い家族になれていただろうか?
もっと、もっとお出かけしたり、可愛がってあげれば良かった・・・
などなど、モンモンとして涙が出て来てしまいます。
先代犬に申し訳ない気持ちがいっぱいになって・・・
でもね、きっと愛される地位を笑顔でバトンタッチしたんですよ。
笑顔のパパとママが好きだから。
自分のかわりに愛される存在に笑顔を託したんですよ。
でも、ちょこっと焼きもちもやいて、自分とは違った性格のコを
パパとママの所に送り込んだのかも知れませんよ。
自分がやってみたかったことを、さやかちゃんに頼んで
やってもらっているのかも知れませんし。
パパとママが、さやかちゃんに自分とは違う所を見つけて
クスクス笑っているかも知れません。
きっとパパとママが、さやかちゃんと笑えば、してやったり!!のニンマリ顔に
なってくれますよ。

投稿: いくこ | 2012年4月19日 (木) 23時51分

さやかちゃんとの新しい生活が始まるんでね!
さくらちゃんもお空の上から、さやかちゃんがどんなべっぴんさんに育つか?楽しみにしていることでしょう!!

きっと「ここはあたしの方が上ね!!」とか「しまった、ここは負けたな・・・」とか
そして、笑顔のパパ&ママを見て喜んでくれるはずです!!

どうか、さくらちゃんとの思い出は大事にしながら、さやかちゃんとの新しい生活を楽しんでください!!
そして、さやかちゃんの成長記を是非書いてください!
待っています♪

投稿: わがまま子猫 | 2012年4月20日 (金) 00時23分

みいこさん
カレンさん
いくこさん
わがまま子猫さん
コメントありがとうございます
さくらがいなくなって淋しくて淋しくて毎日泣き暮らして…
それでも最近は泣くことも少なくなってきていたのに、さやかを迎えてから毎日泣いています
さやかは可愛いけれど、さやかを見ると余計にさくらのいないことが淋しくなります
毎日、さくらのことを考えたい時に考え、さくらのことを想いたい時に想っていたけど、今はそういうわけにもいきません
そのせいで余計に淋しさが募るのかもしれませんね
もし、さくらが元気でいて、2匹目の子としてさやかが来ていたら、この可愛さに心を奪われてさくらへの愛も半減したかも…と考えてもみますが、やはりそれはなさそうに思います
赤ちゃん柴は可愛いけど、5歳の柴はもっと可愛い、いつかさやかが5歳になった時、はじめてさくらと対等になるんだと思います
やっぱり5年6か月一緒に過ごしたさくらへの想いと同じだけの想いを最初からさやかへ抱くのは無理みたいです
でも、そうだからこそ可愛い仔犬などに心を奪われることなく年老いてみすぼらしくなってしまった我が子を愛せるんだと思います
さやかにはさくらよりも長生きしてもらうことでさくら以上に愛せる存在になってもらいたいと願います

投稿: Akiki | 2012年4月20日 (金) 15時31分

おひさしぶりです♪

Akikiさんやパパさんが、さやかちゃんをお迎えしよう、と思えたってことは、きっとさくらちゃんも背中を押してくれたんだと思いますよ。
だからきっと、応援してくれてます!

投稿: コタねえ♪ | 2012年4月23日 (月) 19時34分

コタねえ♪さん、ありがとう
5年半一緒に暮らしたさくらを忘れることは出来ないけど さやかを可愛いと思います
「ろば耳」ではさくらの思い出もずっと綴っていきたいと思ってます だって、忘れられたらさくらが怒っちゃうものね^^

投稿: Akiki | 2012年4月23日 (月) 20時55分

こんばんは。
新しい家族を迎えたのですね!
さくらちゃん。喜んでるにきまってます。
さやかちゃんとの楽しい日々を
さくらちゃんにもお話ししてあげて
み~んなで笑顔で暮らしてくださいね。

今朝はなが亡くなりました。
さくらちゃんと同じくらいの5歳4カ月でした。
今はわたしも哀しみに暮れているのですが
またはなに似たかわいい子を
迎えたい気持ちはあるんですよ。
はなは辛いこともたくさん経験したけれど
私たち家族に楽しい思い出も残してくれたから。
その幸せな思いを知ってるから
また新しい家族を迎えられるんですよね。

投稿: はなママ | 2012年4月25日 (水) 17時14分

はなママさん、こんにちは
一番辛い時にさやかにコメントをありがとうございます
はなちゃん、いっぱい頑張っていたのに残念です
5年と4か月なんて短すぎる一生だけど、ママさんにたくさん愛されて、他の子の一生分の幸せを経験したのかもしれませんね
わたしもさくらが「もうお腹いっぱい 大満足の一生だったよ」って言ってくれているならいいな、と思います

投稿: Akiki | 2012年4月25日 (水) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さくら てんこ盛り | トップページ | ブスだけど・・・ »