« 退屈 | トップページ | お祭りへGo! 後編 »

2013年3月 1日 (金)

お祭りへGo! 前編

1歳になったさやか

いろんな「はじめて」を経験して

もう「はじめて」は卒業だと思っていたけど・・・

そういえば車酔いを理由にお祭りに連れて行ったことがありませんでした^^;

今回、歩いて行ける神社のお祭りへ行ってきました

毎年2月28日に行われている「高倉荒神祭り」です

実は、午前中、買い物へ行く途中に見かけて

お祭りをやっていることを知ったという・・・情弱ぶり^^;

急いで買い物を済ませ、いつもより2時間繰り上げてお散歩に出発です

Photo

なぜかはじめから飛ばすさやか・・・

家から神社まで約3km足らずの道程ですが

好天に恵まれた上に午後2時という最も気温が高い時刻

当然のことながら、あっという間にこうなります

Photo_2

あと少しだからがんばれ~^^

Photo_3

ここで、いつもの散歩コースを外れます

ていうか、ここから屋台が並んでいます^^

リードを短めに持って、拾い食いに気をつけて・・・

ダンナに厳しく言いつけて、いざ出陣^^

Photo_5

イヤイヤ・・・引っ張り過ぎだから 前足浮いてるよ・・・^^;

一の鳥居をくぐった後、神社の参道は団地の生活道路と兼用

向かい合った家々の軒先に屋台が並ぶというカオスな世界^^;

それでも、田主丸の植木や大宰府の梅が枝餅まであるという

初詣で行く大神宮さんより賑やか・・・^^

なにはともあれ、まずはお参りだけど

犬連れのお参りはいいのかな?

付近の人に訊ねてみたら

「いいんじゃないの~?」

「べつに構わないんでな~い」

という返事・・・ほんまかいな^^;

まあ、とりあえず鳥居の下まで行ってみよう!

そうしたら、鳥居の近くに「フンは拾ってね」の看板発見!

安心してお参りすることにしました^^

が!

一気にお参りする気が萎んでいくわたし・・・

Photo_8

階段・・・長過ぎ・・・しかも急・・・・・・・・・・

見ただけで膝が痛くなってくる><

1人だけ下で待ってようかな~と思いかけたところで気付く

Photo_9

車道あるじゃん!

坂道を上ってお社へ・・・

途中に鐘発見!

Photo_10

散歩の時にどこからか聞こえてきていた鐘の音はこれだったのか~^^

どうやら自由に撞いていいようです^^

Photo_11

お社へ到着して、いざお参りとなると言うことを聞かないさやか><

実は、この前に手水で口を漱がせたのですが

それが気に入ってしまい、手水鉢から離れなくなったのです

強引に引きずってお参りさせようとしたら、この有り様^^;

Photo_12

結局、抱っこされてお参りしました^^

Photo_13

ご機嫌斜め・・・^^;

1本200円の福みくじを5本引いて

4等(ジュース)4本と5等(ポテチ)1本当てました^^

なぜかジュースが足りなくなってしまったので代わりに・・・

と、3等賞品(BOXティッシュ)を貰いました!

こんなアバウトでええんか?と思わず笑ってしまった

でも、超ラッキーかも^^

禰宜さんからさやかを可愛いと褒めてもらったこともあって

すっかりこちらの神社のファン(?)になりました

 

長くなったので 今回はここまで・・・  つづく







人気ブログランキング

|

« 退屈 | トップページ | お祭りへGo! 後編 »

さやかbyAkiki」カテゴリの記事

コメント

この階段、見ただけで躊躇します。
よく頑張られました!
神社までだけでも3km歩いて、その上での坂道と階段。
Akikiさん、若い!
さやちゃんもお参り出来て良かったね(^_^)

投稿: はなママ | 2013年3月 1日 (金) 23時00分

こんにちは。モモパパです。
さやかちゃん。
お祭りへGO!
なんだかワクワクしてますね。
さやかちゃんは人がたくさんいるところはへっちゃらなのかな。
お祭りデビューだね。
あははははは。

投稿: モモのパパ | 2013年3月 2日 (土) 06時14分

はなママさん、こんにちは
わたしもこの階段を見た瞬間、無理!って思いました^^;
車道があってよかったです~^^
いつかその内、階段を上がれるようになりたいものです^^;


モモパパさん、こんにちは
人大好きなので興奮して大変かな~と思いましたが、意外におとなしかったです^^
たぶん、はじめての人混みで緊張していたんでしょうね
二度目からが勝負です^m^

投稿: Akiki | 2013年3月 3日 (日) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 退屈 | トップページ | お祭りへGo! 後編 »